キラビアンカの成分効果と副作用危険度を徹底解析!安全性は大丈夫?

 

この記事ではキラビアンカの副作用について解析した結果をお伝えします。

 

キラビアンカに含まれる成分の効果を一つ一つ解説した上で、その副作用危険度についてお伝えしていきますね。

 

キラビアンカの安全性が気になるという人は、しっかりと確認しておきましょう!

 

キラビアンカの全成分まとめ!効果や副作用危険度は?

成分 効果 副作用危険度
水(溶剤) 通常、精製水が使用されています。細胞自体を活性化させる効果などがあります。
グリセリン(湿潤剤) 保湿作用、肌を保護する作用、脂肪燃焼作用、メラニン色素生成を抑える作用などがあります。
BG(溶剤) 保湿性に優れた成分で肌への刺激は少ないです。抗菌性もあるので防腐剤としての役割も持ち合せています。
キシリトール(甘味剤) 甘さにより唾液をより多く出させます。ミュータンス菌の代謝の阻害をして虫歯になりにくい口腔内環境をつくります。
キサンタンガム(粘結剤) つけた成分が肌に定着しやすくなる効果があります。分離安定剤として使用されています。
ポリアクリル酸Na(粘結剤) 自重の10倍以上の吸水力がある成分です。水を加えていくと徐々に膨潤して粘性のある液体になります。
PEG-60水添ヒマシ油(可溶化剤) 刺激が低く安全性の高い非イオン界面活性剤で、洗浄作用がある成分です。
ポリリン酸Na(ph調整剤) 歯の黄ばみを落すホワイトニング効果や、コーティングして再び汚れることを防ぐ働きがあります。
メタリン酸Na(ph調整剤) 歯の表面をコーティングします。歯石やステインの沈着防止、緩衝剤としての働きがあります。
ピロリン酸4Na(ph調整剤) 食品添加物に指定されてます。歯の表面の汚れを浮き上がらせたり、歯石の石灰化を抑える働きがあります。
エタノール(溶剤) 抗菌作用、清涼作用、収れん作用、そして肌への毒性が比較的低く、手軽に防腐力を上げることができます。
グリチルリチン酸2K(湿潤剤) 強力な消炎作用があります。急性、また慢性の皮膚炎に対しても効果がある成分です。
ヒドロキシアパタイト(清掃剤) 歯と骨の主成分です。歯磨き剤に配合することで歯質を強化する歯質強化剤として広く普及している成分です。
デキストリン(甘味剤) 砂糖の10分の1ほどのかすかな甘味があり、匂いはほとんどないのが特徴です。
パパイン(清掃助剤) 古くなった角質だけに作用してくれるので、ターンオーバーが乱れて角質が溜まった肌を、健やかな肌に導きます。
トウキ根エキス(湿潤剤) 古来から抗炎症の働きがあることで知られている生薬です。歯茎の炎症を抑える作用があります。
シャクヤク根エキス(湿潤剤) シャクヤクの根から抽出したエキスです。収れん作用、抗酸化作用、皮脂の分泌改善作用、血行促進作用などがあります。
ローズマリー葉エキス(湿潤剤) 抗酸化作用や抗酸化作用に優れており、他にも抗菌作用、血行促進作用などを持つ、肌に優しい成分です。
セージ葉エキス(湿潤剤) 古くから薬草として使われています。収れん性や抗菌作用を持った成分です。歯周病や口内炎のケア用品にも使われます。
スイカズラ葉エキス(湿潤剤) 肌環境をきれいにする清浄効果が期待できます。また汚れを浮かして落とす働きがあります。
メチルパラベン(防腐剤) 人体に対する毒性が低く、水に0.25%まで溶けて特にカビや酵母に対して効果的な防腐剤です。
メントール(清涼剤) ペパーミント油やハッカ油の主成分です。清涼感が強く血行促進作用などがあります。
香料(着香剤) 原料の不快な臭いをマスキングしたり、抗菌性のある香りで防腐効果を高めたりといった実用面があります。

 


キラビアンカに含まれる成分の効果と、その副作用危険度を一覧でまとめました。

 

キラビアンカには副作用危険度の高い成分は使われていないので、安全に歯の黄ばみをケアすることが出来るでしょう!

 

安全性の高いキラビアンカは、口の中のようなデリケートな場所に使っても全く問題ありません!

 

安心して使えるような歯磨きジェルを探している人は、キラビアンカを使ってみてはいかがでしょうか?

 

キラビアンカを実際に購入して使った私の口コミも参考にしてみて下さいね!

 

>>キラビアンカの口コミをチェックする